MENU

あざがあると光脱毛はできない?

 

日焼けした肌は光脱毛に適さないと言われます。

 

これは、施術に用いるフラッシュが黒いメラニン色素に反応してしまうため。黒色メラニンの多い肌では毛穴以外にフラッシュが照射され、火傷や色抜けの原因となることもあるのです。

 

同じ理由で、濃い色素沈着の見られる部位への光脱毛も難しくなります。

 

あざやホクロ、アトピー跡などがある場合、多くのケースでその部分を避けた施術が提案されるでしょう。トラブルの原因になりやすいことはもちろん、痛みを感じやすい部分でもあります。

 

光脱毛はレーザー脱毛に比べて皮膚への負担が少ないと言いますが、出力量を抑えた同じ光線を使用するためダメージがゼロになることはありません。現状を悪化させてしま
うような肌トラブルのリスクを避けるためにも、無理な施術はしないのが正解。

 

脱毛したいパーツにあざなどの色素沈着が見られる場合、その部分にだけ光が当たらないようにテープなどを貼ってから施術を行います。可能な範囲で脱毛を受け、部分的に

 

シェーバーなどの自己処理を行うことも検討してみてください。

 

また、色素の濃い部分というのはムダ毛もそれほど目立ちません。希望部位全体の施術ができないとはいえ、自己処理の手間や回数は格段に少なくなるはずです。