MENU

セルフでも脱毛する方法はたくさんある

 

ムダ毛のお手入れに、脱毛サロンへ通うことが出来ない場合にも、セルフでも脱毛する方法はたくさんあります。
では代表的なセルフ脱毛の方法についてご紹介しましょう。
またセルフ脱毛のリスクも併せて紹介します。

カミソリ・シェービング


まず、セルフのお手入れで最も簡単なものが、カミソリによるシェービングです。
これは使用している人も多く、ほとんどの人が行ったことのある方法だともいえます。
気になる部位をカミソリでシェービングしていくだけで、ムダ毛のお手入れが出来るので、気になったときにすぐに行えるという手軽さがあります。
また、ドラッグストアやホームセンターなどで簡単に購入でき、さらに費用も安いので負担が少ないのも魅力です。

カミソリのリスク
カミソリで除毛後、肌が赤くなったりヒリヒリするのは、カミソリ負けの症状です。
カミソリの刃によって肌に細かい傷ができ、そこから雑菌が入り込む事で、このような症状が起こります。
また注意して行わないと、ムダ毛と一緒に皮膚を切ってしまったり、力を入れ過ぎてしまうことで、皮膚の表面も一緒に削ってしまうことになります。
このようなことが原因で、乾燥肌になってしまったり、色素沈着などが起こることもあるので、十分に注意してお手入れを行いましょう。
またシェービング後の肌は、非常に乾燥してしまっています。
乾燥したままの状態は、肌への負担が大きくなってしまうので、しっかりと保湿を行いましょう。

毛抜き


他にもセルフでお手入れを行う方法として、毛抜きがあります。
毛抜きでのお手入れは、細かい部分もしっかりとケア出来るので、非常に便利なものです。
しっかりとムダ毛を引き抜くことで、次の毛が生えてくるまで時間がかかるので、お手入れの回数を減らすことができます。

毛抜きのリスク
また、カミソリ・毛抜き共に注意したいのが、埋没毛毛嚢炎(もうのうえん)といったトラブルです。
埋没毛は皮膚の下で、ムダ毛が成長してしまう現象の事を言います。
自己処理後、角質ケアが上手く行われないと皮膚の下にムダ毛が埋まり、そのまま成長してしまうのです。
毛穴がムダ毛によって黒くなってしまう為、気にする方が多いトラブルとなっています。
毛嚢炎は自己処理後、毛穴の中に雑菌が入り膿を持ってしまう症状です。
炎症するだけではなく、強い痛みを伴うケースもあります。
埋没毛・毛嚢炎は皮膚科での治療が必要になる程、悪化してしまうケースも少なくありません。

これ以外にもセルフ脱毛にはブラジリアンワックスや家庭用脱毛器を使った方法があります。
個人的には脱毛サロンに通うのがもっともいい方法だと思いますが、どうしてもセルフで脱毛したいという方はこういった方法で処理してみてはいかがでしょうか?