MENU

脱毛による肌トラブルはどんなものがある?

 

脱毛の施術は、毛根やその周辺に特殊な光を当てたり、熱などを加えたりするので、肌に何らかの影響を与えることがほとんどです。
このような、いわゆる肌トラブルの種類や引き起こす原因などを知っておくことにより、さらに安全に脱毛を実施できるようにしておきましょう。


脱毛後のトラブルで一番多いのが赤み

一番多いのは、肌に赤みが生じることであり、これは痛みやかゆみを引き起こします。
原因は様々なものが考えられ、たとえば光や熱による火傷の症状や、肌の内部の組織が変化したことなどが挙げられます。
現在の施術の技術はほぼ光や熱を用いるので、赤みが発生することは自然であり、避けられないともいえますが、そんな中でも事前にジェルを塗っておいたり、一回の施術の時間を短めに設定するなどして、極力肌へのダメージを少なくするような工夫がなされています。

色素沈着も起こりやすいトラブルの一つ

次に、色素沈着によるシミや痛みです。
色素沈着は肌トラブルの代表的なものであり、脱毛以外では紫外線による日焼けや老化現象などによって引き起こされます。
仕組みとしては、施術時の光や熱が肌の底にある基底層という組織を刺激し、それによってメラニンが大量に分泌され、やがて濃い色素となって肌に現れます。
色素沈着は防ごうと思って防ぐことは難しく、症状が出てから素早く対処することが重要になります。場合によっては施術前のカウンセリングなどで、対処方法を話し合っておくことも効果的でしょう。


脱毛の後のアフターケアが万全ではないことによる肌トラブルも知っておく必要があります。施術後というのは毛根やその周辺の組織が薄い状態、或いは皆無に等しい状態なので、いつも以上に肌への刺激が強く影響するようになります。代表的なものは紫外線であり、いつも以上に紫外線が肌の内部まで届いてしまうので、入念な対策を怠らないようにしましょう。
なかなか治らないときは皮膚科医に相談を

脱毛後に起こった肌トラブルはすぐに治ることが大半。ですがなかなか治らないときには皮膚科を受診しましょう。

 

皮膚科に行けば専門家である医師が何が原因でどのような症状が起こっているかをきちんと診察してもらえることができる為です。
皮膚科に行くことで、適切な処置を行ってもらうことができますが、皮膚科に行かずにそのままにしていたり誤った処置をしてしまうと余計に酷くなる場合があります。
場合によっては肌に跡が残ってしまうリスクもある為、皮膚科受診でその心配を無くすことが大切です。

 

特にアトピーの方などは脱毛する前に一度かかりつけ医に相談してことをおすすめします。

 

また脱毛サロンではドクターサポートを用意している場合も多々あるので、一度サロンに相談してみてもいいと思います。