MENU

脱毛の前後日はなぜお酒を飲んではいけない?

 

脱毛前にはアルコールはNGとされているのですが、なぜ脱毛にお酒を飲んではいけないのでしょうか?

 

アルコールを摂取することによって血行が良くなります。
通常でしたら血行が良くなることはいいことだと思いますが、脱毛は血行が良くなりすぎると痒みや赤みが生じ、脱毛する際は普段より痛みを感じやすくなるために照射するレベルを下げざるおえなくなるので、どうしても脱毛効果は下がってしまうので、脱毛をする当日、前日の夜はアルコールを摂取するのは控えるようにしましょう。
大丈夫と思ってアルコールを飲んだことを黙って施術を受けると最悪の場合肌トラブルを起こす場合があります。

 

お酒が大好きで1日でも飲むのを辞めたくないと言う人も脱毛している間は気をつけるようにしてください。
脱毛と言っても2〜3か月に1回のサイクルで行っていくので、キレイな肌を得るためには我慢してください。

 

また、脱毛前だけではなく、脱毛後も当日と次の日はアルコールを摂取しないようにしましょう。
施術中は異常が起こらなかったとしても、施術後はいつもより肌が敏感になっています。
そのために施術後にお酒を飲むことによって痒みや赤みがでてしまう可能性が高まりますので気を付けてください。