知らないとマズい!ムダ毛を濃くしてしまう6つのNGとは?

つるつる肌は女性のあこがれ!なのでムダ毛は女性の敵!

ムダ毛が生えている肌は女性なら誰しもいやですよね。
ですから日頃からお手入れを欠かさない女性は多いですが、なんだか最近ムダ毛が濃くなったなーと思うことありませんか?
それはもしかしてムダ毛を濃くしてしまう行動を起こしてしまう可能性が・・・そこで今回はムダ毛が濃くなるNG行動をご紹介したいと思います!

ムダ毛を濃くしてしまう原因はホルモンにある!

ムダ毛の多さは遺伝、あるいは隔世遺伝するほかに生まれついた持っている毛穴の数で左右されると言われています。
ただ日常生活においていもムダ毛に濃くしてしまうことがあるんです。それは男性ホルモンを増やしてしまう行為。

男性ホルモンとムダ毛の関係

男性ホルモン

女性であっても女性ホルモン以外にも男性ホルモンが存在します。女性は男性ホルモンの量は少ないのですが、この分泌量が増えて女性ホルモンより優位になってしまうとムダ毛が濃くなったり増えてしまうといわれています。
ただし、すべてのムダ毛がこの男性ホルモンの影響で濃くなってしまうわけではなく性毛といわれるムダ毛です。性毛には両性毛といわれるワキ毛やアンダーヘア。男性毛といわれる髭、胸の毛、へそ下や背中の毛に分けられます。そしてその性毛の中でもとくに男性ホルモンの影響を受けてしまうのが男性毛です。

なので、結果として男性ホルモンが増加してしまうと、毛が濃くなってしまうことが考えられます。

毛が濃くなるかも!男性ホルモンを増やしてしまう6つのNG行動

そこで日常生活でホルモンバランスの乱れを引き起こして男性ホルモンを増やしてしまう6つのNG行為をご紹介します。

睡眠不足

まずはご存知の方も多いと思いますが、睡眠不足。仕事やプライベートで慌しくしていて睡眠不足になってしまうとホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまうのでNG。できれば、22時~2時の睡眠のゴールデンタイムにはベッドに入っていたいところ。

ストレス

これもよく言われますが、ストレスを溜めてしまうのもホルモンバランスが崩れる原因に。なかなか会社や学校に通いながらストレスフリーの生活を送るのは難しいですが、ストレスはホ肌トラブルなどの様々な原因になりますから、適度にリフレッシュを心がけましょう。

ダイエット

適度なダイエットであれば問題ありませんが、無茶なダイエットはNG。特に食事を抜くダイエットはホルモンバランスはもちろん、体調を崩してしまう原因に。キレイになるためのダイエットなので、栄養はしっかり取りながら計画的なダイエットをしてくださいね。

食生活

ダイエットと少し重複してしまいますが、食生活の乱れも注意したいところ。特に肉中心の偏った食生活は注意。大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするといわれているので納豆やお豆腐などの大豆製品を食生活に取り入れてみるといいかも。

ステロイド剤

皮膚科などでステロイド剤などを処方してもらっている場合は注意。ステロイド剤は男性ホルモンと似た働きがあるため、毛が濃くなったり増やしてしまうことに。ただしすごく稀なケースではあります。ですがステロイド剤を使って毛が濃くなってしまった場合は、処方してもらった皮膚科に相談しましょう。

喫煙

たばこに含まれるニコチンは女性ホルモンの分泌を妨げてしまいます。これにより男性ホルモンが優位となってムダ毛が濃くなる可能性も。たばこのリスクは他にも数えきれないくらいありますから、できることなら禁煙をおすすめします。

その他にもあるホルモンでムダ毛が濃くなる要因

実は男性ホルモン以外にもホルモンの影響でムダ毛を濃くしてしまうの要因があります。それは妊娠です。実際に妊娠した方からも「毛が濃くなった」という声が。

妊娠でムダ毛が濃くなるのもホルモンの影響。妊娠すると「エストロゲン」「プロゲステロン」などのホルモンが増加するため毛が濃くなるそうです。
大体妊娠中期~後期にかけて濃くなってくるみたいですね。
この妊娠によって毛が濃くなる部分は「お腹」というのが大半。他にも少数意見でアンダーヘアーが濃くなったという声も。

ただ妊娠して毛が濃くなるのは一時的なもので、出産してしばらくすると抜け落ちて元の状態に戻ることが多いのでそこまで心配する必要もありません。
妊娠中は脱毛サロンには通うことができないので、気になる方はシェーバーなどで剃っておけば問題ないと思います。

この記事のまとめ
  1. 男性ホルモンの影響でムダ毛が濃くなることがある
  2. 男性ホルモンを増やしてしまう原因は私生活にあり
  3. 妊娠中はホルモンの影響で毛が濃くなることも