脇脱毛は脇汗が増えるのか?ワキガは治るのか?都市伝説に迫る!

「脇脱毛をすると汗をかきやすくなる」「ワキ脱毛したらワキガが治る」という都市伝説を聞いたことないですか?
本当かどうかわかりませんが、よく噂されていますよね。

実際にワキを脱毛した方からも聞く噂ですが、実際はどうなのでしょうか?今回は根強く広まるワキ脱毛の脇汗&ワキガの問題に迫ります!!

脇脱毛で脇汗は増え?その真相は…

ではまず脱毛すること脇汗が増えるのか問題について解説していきます。
まず脇汗が出る汗腺について解説します。汗がでる汗腺には「アポクリン腺」「エクリン汗腺」という2つの種類があります。
「エクリン汗腺」は毛穴の中にあるわけではないので脱毛したところで特に影響を及ぼしません。
「アポクリン腺」は毛穴の中にあるものの、脱毛の光はムダ毛のメラニン色素に反応するため、アポクリン腺に影響を与えるとも考えられません。

ですから、脇脱毛しても汗をかく量が変わるというないと考えていいと思います。

ただ脱毛をすることで、汗が多くなったと感じることはあります。
脱毛していない場合は、毛穴の中の毛に汗が付着し、一定量の汗はそのまま蒸発します。しかし脱毛して毛が無くなることによって、ダイレクトに肌に汗が付着した状態になるため、汗を多くかいているような錯覚することがあります。
特に脇に関しては、「アポクリン腺」「エクリン汗腺」の2つの汗腺があるので、より錯覚してしまいます。

ですからワキ脱毛をしたら特に汗が増えたと感じる方が多いんですね!

脇脱毛後のワキ汗対策!

汗の量は増えていないものの、表面上の汗は目立つようになる可能性があるため、汗が目立つなと感じたらワキ汗対策はしておいたほうがいいでしょう!

パウダータイプの制汗剤を使って汗を目立たなくしたり、こまめに汗を拭きとったりするためでだいぶ違います。
また塩化アルミニウムは多汗症対策に良く使われていて非常い効果的な成分。
ただ、肌荒れしやすかったり、ずっと塗り続けることにはデメリットがあるため、本当に必要な日にピンポイントで使うというなら検討の余地はあるかと思います。

ただし脱毛多汗症になるとワキ汗が増えることも

ただし脱毛多汗症になるとワキ汗が増える可能性も
脱毛多汗症とは、脱毛によってワキ汗が増えるわけではなく、脱毛したことによって脇が今まで以上に気になってしまい、そのせいで多汗症になってしまうというもの。

先程お伝えしたとおり、脱毛してもワキ汗の量は変わっていないんですが汗が流れやすくなるので今まで以上に脇が気になってしまうことも多々あります。これを気にし過ぎてしまうと脱毛多汗症になってしまうわけです。

改善、予防するには気にしないというのが1番。ワキ汗対策をしてあとはほっとくのが最善策です。

脇脱毛でワキガは治る?その真相は…

アポクリン汗腺から出る脂肪酸などが含まれている分泌物を、肌に住む常在菌が分解することであのワキガ独自のにおいを発します。アポクリン汗腺は、体のどこにでもあるわけではなくワキや耳、VIOなどにしか存在しません。

残念ながら、ワキガの根本的治療は脱毛では行えません。
ワキガの手術をする場合、このワキガの元凶となっているアポクリン汗腺を手術で取り除きます。しかし光脱毛ではアポクリン汗腺にダメージを与えることができないので、ワキガを治療するということはできないんです。

ですが、ワキ脱毛をするとワキガのにおいが軽減することがあります。
実はアポクリン汗腺から出る分泌物自体にはにおいがありません。常在菌がこの分泌物を分解することでにおいを発します。
脱毛することでこの毛穴の中のムダ毛がなくなるので、常在菌が繁殖しやすい環境を改善することができます。これにより、ワキガを直すことはできないまでもにおいを軽減させることができる可能性があるんです。

ワキガの根本的な解決には、手術しか方法がありませんが、ワキガ手術は傷跡が残るリスクや費用面の負担が大きくなります。なので、まずワキ脱毛を試してみるのも一つの手です!

編集部COMMENT
よく「自分がワキガであるかチェックするには耳垢をチェックしてみればわかる」と言われるのは、アポクリン汗腺の分泌によって耳垢の湿り具合が変わるからです。アポクリン汗腺から分泌物が出ていないため耳垢が乾いており、ワキガの可能性が低い。逆に茶色く湿っている場合はアポクリン汗腺からの分泌が盛んなためワキガの可能性が高いといわれています。
この記事のまとめ
  1. 汗の量は増えないけど毛がなくなるので汗を感じやすくなる
  2. ワキ脱毛でワキガが治ることはない
  3. ただしワキガのニオイが軽減することはある