医療脱毛が向いている部位は?おすすめはココ

エステの脱毛よりも出力が高い医療脱毛。出力が高いということは効果もその分高いということ。
ではそんな出力の高い医療脱毛をするならどこの部位なのか?
そこで医療脱毛に向いている部位はどこなのか考えてみました。

医療脱毛の部位は毛の濃い部位に向いている?

医療脱毛に限ったことではありませんが、脱毛は光を照射し毛のメラニン色素から熱エネルギーを毛穴の毛母細胞へと熱エネルギーを伝え、ダメージを与えてムダ毛を生えなくします。
ですからメラニン色素の濃い「太い毛が生える部分は脱毛効果が表れやすい」ということ。
医療脱毛はエステの脱毛よりも出力がが高いため、毛が太い部位に対してはエステよりもスピーディーに効果が表れやすスピーディーに脱毛することができます。
具体的な太い毛が生える部位は、ワキ、VIOライン、ヒザ下の濃いムダ毛などですね。
特にワキやVIOラインは、かなり太く濃いムダ毛が生えているので、エステよりも非常に早く脱毛することができます。

編集部COMMENT
医療脱毛のほうが早く脱毛できるものの、毛の濃い部分ではエステの脱毛でも効果が出ます部分。医療脱毛は効果が出やすい反面費用がかさむというデメリットもあるため、費用が掛かっても早く終わらせたい人向きですね。

産毛も医療脱毛のほうが向いている!

産毛は脱もしにくい部位。メラニン色素の薄い産毛は、脱毛の光が反応しにくいため熱エネルギーが伝わりにくく、脱毛の効果が表れにくいんです。
ですからエステの脱毛では非常に時間がかかってしまいます。

しかし、医療脱毛であればもともとの出力が高いこともあり脱毛効果を得やすいといわれています。
産毛が多い部位といえば、顔やうなじなどですね。顔は高い人気を誇る部位なので早く効果を出したい方は医療脱毛のほうがいいかもしれませんね。

医療脱毛に向いていない部位はない!けど・・・

ながなが説明してきた医療脱毛に向いている部位ですが、そもそも向いていない部位というのがありません。
毛の太い部位であっても、産毛の脱毛であってもエステの脱毛より出力が高いため、効果的で早く完了することができます。

ただ、出力が高い分、痛みを感じやすいというデメリットが。
VIOなどはエステの脱毛であっても痛みの強い部位と言われていますが、VIOはさらに痛い!特にIOラインは、エステとは比べ物にならないくらい痛いという方も。

https://twitter.com/wwo0_0oww/status/994058852189593601

ですから、痛いのが苦手という方はエステで脱毛したほうがいい場合もあります。

また効果が高い分費用もエステよりも高め
特に全身脱毛は、15万円~20万円ほど割高なため、あまりお金をかけたくないという方は医療脱毛には向かないかもしれません。

医療脱毛は向いていない部位はないものの、痛みや費用といったデメリットもあるため人を選んでいるのが現状。

この記事のまとめ
  1. 濃い毛も薄い毛も医療脱毛は向いている
  2. でもその分痛みも強い!特にVIO!
  3. また料金が高くなっているというデメリットもある