MENU

セルフでも脱毛する方法はたくさんある

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ムダ毛のお手入れに、脱毛サロンへ通うことが出来ない場合にも、セルフでも脱毛する方法はたくさんあります。では代表的なセルフ脱毛の方法についてご紹介しましょう。

 

カミソリでセルフ脱毛

カミソリ画像

手軽さ

費用

安全性

★★☆

★★★

★☆☆


まず、セルフのお手入れで最も簡単なものが、カミソリによるシェービングです。これは使用している人も多く、ほとんどの人が行ったことのある方法ですね。気になる部位をカミソリでシェービングしていくだけで、ムダ毛のお手入れが出来るので、気になったときにすぐに行えるという手軽さがあります。また、ドラッグストアやホームセンターなどで簡単に購入でき、さらに費用も安いので負担が少ないのも魅力です。

 

カミソリのデメリット&リスク

カミソリで除毛後、肌が赤くなったりヒリヒリするのは、カミソリ負けの症状です。カミソリの刃によって肌に細かい傷ができ、そこから雑菌が入り込む事で、このような症状が起こります。
また注意して行わないと、ムダ毛と一緒に皮膚を切ってしまったり、力を入れ過ぎてしまうことで、皮膚の表面も一緒に削ってしまうことになります。
このようなことが原因で、乾燥肌になってしまったり、色素沈着などが起こることもあるので、十分に注意してお手入れを行いましょう。
またカミソリを使って処理した後は後の肌は、非常に乾燥してしまっています。
乾燥したままの状態は、肌への負担が大きくなってしまうので、しっかりと保湿を行いましょう。

 

電気シェーバーでセルフ脱毛

電気シェーバー画像

手軽さ

費用

安全性

★★★

★★☆

★★★


電気シェーバーもセルフ脱毛の人気アイテム。カミソリと比べてみても、わざわざお風呂で剃ったりジェルを塗る必要もないので非常に手軽。価格も価格も2000円~3000円で買えるものが多くリーズナブルなのもうれしいポイント。ミュゼでもシェービングサービス用に使われるフェリエがおすすめです。脱毛の事前処理用に一本持っていてもいいかもしれません。

 

電気シェーバーのデメリット&リスク

カミソリに比べ安全性にも優れて顔そりもできるのでシェーバーはセルフ脱毛のアイテムの中でも非常に便利。なんですが、基本的には皮膚の表面に出てる毛をカットすため、深剃りがなかなか難しいのがデメリット。人によってはすぐに毛が生えてくるため、毎日処理をしなければならなくなることも。また毛の断面が鋭く、ものによっては深剃りできないためVIOやワキなど処理した場合すぐにチクチクすることも多々あります。

 

 

家庭用脱毛器でセルフ脱毛

家庭用脱毛器画像

手軽さ

費用

安全性

★★★

☆☆☆

★★★


家でエステ同様に光脱毛ができる家庭用脱毛器。出力は業務用の脱毛器には劣るものの、家で光脱毛ができるのが大きなメリットです。メカニズムは光脱毛と同じですから使用し続けることで毛は細くなっていきます。また一度購入してしまえば、自分の好きな時に満足いくまで脱毛できるのは大きいですね。またVIO脱毛など脱毛サロンで施術してもらうのがちょっと恥ずかしい部位も安心。

 

家庭用脱毛のデメリット&リスク

まず家庭用脱毛器は安くありません。ピンキリですが、3万円~5万円ほど。もちろん高いものであれば7~10万円くらいのものもあります。また家庭用脱毛器には「使い切りタイプ」と「カートリッジタイプ」の2つのタイプがあます。使い切りタイプはた照射回数や使用年数が決められています。もしこの期間に脱毛が完了しなければ、買い替えなければいけなくなるため「結局脱毛サロンに通っていたほうが安く上がった・・・」なんてことになる可能性も。またカートリッジタイプは、専用のカートリッジの照射回数が決められているため、上限に達したらカートリッジを好感する必要があります。このカートリッジの上限の照射回数や価格は家庭用脱毛器によって変わりますが、3000円から5000円とちょっと割高。またメーカーがつぶれたり商品の発売を中止したりすると、カートリッジが購入できなくなり家庭用脱毛器を使いたくても使えなくなることもあります。

 

毛抜き

毛抜き画像

手軽さ

費用

安全性

★☆☆

★★★

☆☆☆

 

他にもセルフでお手入れを行う方法として、毛抜きがあります。細かい部分の毛も抜くことができますし、一度抜いた毛は次の毛が作られるまで毛が生えないというメリットがあります。

 

毛抜きのデメリット&リスク

ただし、メリット以上にデメリットが大きいのが毛抜きです。毛抜きで毛を抜いてしまうと皮膚の下にムダ毛が埋まってしまう埋没毛や毛穴の中に雑菌が入って吹き出物となったり炎症を起こす毛嚢炎(もうのうえん)といった肌のトラブルを起こす可能性がもっとも高い。埋没毛は、無理やり抜いてしまったり毛嚢炎が悪化すると跡になってしまうこともあるため毛抜きを使ったセルフ脱毛はおすすめしません。
そもそもムダ毛を毛抜きで抜くのはかなり労力がかかるので、それならばシェーバーやカミソリで処理するほうが圧倒的に効率がいいです。

これ以外にもセルフ脱毛にはブラジリアンワックスを使った方法があります。気になる方は要チェック!