脱毛の予約は遅刻しないで!各サロンのペナルティまとめ

遅刻はいけないこと。約束した時間に遅れることは相手の迷惑になりますし、自分の気分もよくありませんから、できればしたくないと多くの方が思っているでしょう。
しかし、時には急に都合が変わることもあります。仕事の残業や交通機関の乱れ、前の予定が長引いてしまう、考えられる理由はさまざまです。

「脱毛施術の予約をしているのにどうしても時間に間に合わない…」そんなこともあるかも。
ですが、脱毛サロンの予約を遅刻するとちょっと大変なんです。そこで脱毛サロンの予約の遅刻についてご紹介します!

脱毛サロンの予約を遅刻すると…

可能であれば前日までには脱毛サロンに連絡入れておきたいところですが、急な予定の変更などで脱毛サロンは当日予約時間に遅刻してしまうとちょっと大変なんです。
多くの有名脱毛サロンが、予約の遅刻・当日キャンセルについて細かくペナルティを設けています。
では実際どんなペナルティがあるのでしょうか?キレイモ、ミュゼ、銀座カラー、脱毛ラボ、TBCの遅刻した場合の対応&ペナルティをみてみましょう。

キレイモの予約に遅刻したときのペナルティ

キレイモは月額プランか、回数プランで遅刻のペナルティが変わってきます。

パックプランの予約に遅刻した場合

まず回数プランの場合。キレイモはおおよその施術時間が前もって決められており(120分前後)、遅刻するとその残りの時間しか施術することができません。例えば1時間遅刻してしまったときは、残りの施術時間が1時間しかありませんので1時間内に可能な部位しか脱毛することができません。
また1時間30以上の遅刻してしまったときは、残り時間が30分しかなくなるので施術をすることができず1回消化扱いになってしまうので注意。

月額プランの予約に遅刻した場合

続いて月額プラン。月額プランの場合は、遅刻する時間が20分以内か20分以上かでサロンの対応が大きく変わってきます。
まず遅刻時間が予約の20分以内の場合。20分以内であれば、残りの時間で可能な範囲を施術をしてもらえます。最大20分しても残り時間は100分あるので特に部位が減ることもないはず。
ただし20分以内遅刻した場合が対戦。キレイモの予約時間に20分以上遅刻した場合は問答無用で1回分消化扱い。基本的に月額プラン(毎月月額料金を引き落とすタイプ)はこのパターンが多いです。

ミュゼの予約に遅刻したときのペナルティ

ミュゼの場合はどのプランでも同じ。
予約時間から10分がタイムリミット。この時間を過ぎてしまうとキャンセル扱いとなってしまい脱毛することができせん。
事前に連絡すると、混みあっていなければ脱毛してもらえるそうですが、ミュゼが混んでいないという可能性は非常に低いのであまり期待はしないほうがいいとおもいます。
ただミュゼの場合、キャンセル扱いになってもパックプランの回数が減ることもなく得にほかのペナルティがないのがうれしいポイント。

銀座カラーの予約に遅刻したときのペナルティ

銀座カラーの遅刻のペナルティは全身脱毛コースとその他コースによってペナルティが変わってきます。

全身脱毛以外のコースの予約に遅刻した場合

まず全身脱毛脱毛以外のコース。
遅刻が15分以内であればペナルティはなし、15分~20分未満の場合でコースごとに定められている既定の時間内にで可能な範囲を脱毛してもらえます。
そして20分以上の遅刻であればキャンセル扱いとなり、コース1回消化扱いか2000円のキャンセル料が発生します。

全身脱のコースの予約に遅刻した場合

全身脱毛も15分以内であればペナルティはありません。
15分~120分以内であれば規定時間内に可能な範囲を脱毛、120分を超えた場合はキャンセル扱いとなり1回消化あるいは2000円のキャンセル料となります。
ただし30分以上の遅刻で連絡しなかった場合は、キャンセル扱いになるので注意。

脱毛ラボの予約に遅刻したときのペナルティ

予約の遅刻のペナルティが厳しいのは脱毛ラボ。脱毛ラボの場合月額プラン、パックプランともに遅刻に対するペナルティは同じです。脱毛ラボの場合、ミュゼと同じく10分がリミット。10分以内であれば脱毛の施術をしてもらえます。
そして10分以上でキャンセル扱い。そして1000円のキャンセル料がかかってきますのでちょっと他のサロンに比べて遅刻のペナルティが厳しめ。
脱毛ラボに通う方は予約に遅刻しないように気を付けましょう!

TBCの予約に遅刻したときのペナルティ

そして一番予約への遅刻ペナルティが厳しいのがTBC。TBCの脱毛に通う際は遅刻には本当に気を付けてください。
まずTBCは10分以上の遅刻で予約がキャンセル扱いになります。そしてキャンセル料も発生します。このキャンセル料が高いのがペナルティが一番厳しい理由。
TBCのキャンセル料は3000円とほかのサロンに比べてとにかく高いんです。
3回遅刻してしまうと9000円かかってしまうので、TBCは遅刻しないようにしっかり予定を把握しておきましょう!

脱毛サロンは10分以上程度の遅刻でも予約の取り消しや施術回数の消化、キャンセル料金が発生など非常に重いペナルティがあります。必ず前もってカウンセリングや契約書などをチェックしておきましょう。

脱毛の予約を遅刻してもペナルティがないケース

唯一脱毛サロンの予約に遅刻してしまった場合でも、ペナルティを免除してもらえるケースがあります。
それは交通機関による遅延です。天候や事故などによって電車やバスに遅延が発生し予約時間に間に合わなかった場合はペナルティが課せられないことが多いです。

ただし交通機関の遅延を証明する「遅延証明書」が必要。
遅延証明書がない場合は、事情を説明しても認められないことがほとんどなのでしっかり遅延証明書をもらっておきましょう!

この記事のまとめ
  1. 脱毛の予約に遅刻した時間によってキャンセル扱いに
  2. サロンによってはキャンセル料が発生するケースもある
  3. 交通機関の遅延による遅刻は遅延証明書をもらっておくとペナルティを回避できる