脱毛施術で毛穴のぶつぶつはなくすことができるの?

ふとある時に脇などに「ぶつぶつ」が。なんてことが気になった方はいると思います!
「このぶつぶつの正体、なんなの・・・?」とちょっと気になっている方もいるんじゃないでしょうか!?
ではこの毛穴のあるぶつぶつは何か?また脱毛することで改善することはできるのかご紹介したいと思います。

毛穴にできるぶつぶつってなんなの?

ワキやVラインなどの毛穴にできやすいぶつぶつ。実はこのぶつぶつが出来る原因は一つではありません。

まず考えられる原因は埋没毛これは毛穴が塞がり皮膚の中で毛が身動きとれなくなった状態。
毛抜きなどでムダ毛を抜いた時など、毛が抜ける際に雑菌の侵入を防ごうと角質層で毛穴が閉じてしまいます。この時に毛が角質層に閉じ混められそのまま成長してしまうと埋没毛が出来上がります。
痛みを伴うわけでもなくかゆいわけでもなく、ただぶつぶつとしています。中の毛が見えることもよくあるので黒っぽい「小さなイボ」みたいになることもよくあります。ただ雑菌が入り込んでしまった場合、炎症を起こしてしまうこともあります。

続いては毛嚢炎ブドウ球菌という細菌が毛穴に入り込むことが原因とされています。
このブドウ球菌がどうやって毛穴内に入り込むかははっきりわかっていないそうですが、カミソリなどで起こる小さな傷が原因ではないかと考えられています。
毛嚢炎は炎症を起こしかゆみや若干の痛みを伴うといわれますが、無症状の小さい白っぽいぶつぶつになることもあります。

毛穴以外にもカミソリまけやニキビ、そして乾燥から肌にぶつぶつができることもあります。

編集部COMMENT
VIOもワキ同様にぶつぶつができやすい部位。同じような原因でぶつぶつができますが、VIOはそのほかにもヘルペスやコンジローマなども考えられます。ヘルペスやコンジローマなどのぶつぶつだった場合は、治療が必要になるのでまず医療機関を受診することをおすすめします。

ぶつぶつは脱毛サロンで改善することができる?

ぶつぶつ肌

脱毛をすることで、ぶつぶつをなくすことが可能。では脱毛することでどのようにぶつぶつが減っていくか解説

埋没毛によるぶつぶつが改善できる理由

まず埋没毛ですが、埋没毛は脱毛することでなくすことができます。埋没毛は脱毛できないと思っている方がいますが、これは間違い。
ひどく炎症を起こしている埋没毛であれば脱毛を断られるケースもありますが、基本的には脱毛できます。
埋没毛であっても脱毛の光は反応しますので、埋没毛の部分の毛母細胞にダメージを与えることも可能です。
ただし毛穴が塞がって、深く入り込んでいる毛なのでちょっと時間がかかる可能性もあります。
ですが埋没毛を脱毛することで、自己処理の回数が減るため埋没毛の予防にもなりますから脱毛はおすすめの解決方法です!

毛嚢炎によるぶつぶつが改善できる理由

カミソリで処理を行うと、無数の小さな傷が肌についてしまいます。この小さな傷から細菌が入り込んでしまうと毛嚢炎を引き起こしてしまいます。カミソリで自己処理を続けていると、小さな傷は常にできている状態なので常に毛嚢炎ができるリスクが付きまといます。
しかし、脱毛することでムダ毛は徐々に薄くなり、処理の回数が減るので毛嚢炎も改善していき、埋没毛同様に毛嚢炎を引き起こす原因を断つことができます。

その他のぶつぶつが改善できる理由

ニキビができやすい原因には体質や生活習慣などもありますが、ニキビができた状態で自己処理をしてしまうと、そのダメージがニキビ発生や悪化の原因となってしまいます。カミソリまけも同様。
脱毛に通うことで自己処理による外部刺激は確実に減りますから、カミソリ負けニキビといったぶつぶつのつくるリスクは確実に減ります。

編集部COMMENT
脱毛サロンの保湿によって、乾燥によるぶつぶつを防ぐこともできますが、それだけではちょっと不十分。ぶつぶつができやすい部分はボディークリームなどで保湿してあげましょう!

ただぶつぶつが原因で脱毛できない場合も

ぶつぶつが原因で脱毛の施術を断られるケースがいくつかあります。

まず代表的なものでニキビです。脱毛することでニキビ改善への導いてくれますが、炎症のひどいニキビなどができている場合、その部分を脱毛を断られてしまうケースがあります。
ただし、保護テープをニキビができている患部にはって施術をしてくれる場合もあるので、まずニキビができてしまったらスタッフに相談しましょう!

続いて乾燥による湿疹。
乾燥によって湿疹は「湿疹ができているからダメ!」といういよりも、ブツブツを作ってしまった乾燥した肌が原因で脱毛することができません。脱毛後にさらに肌が乾燥してしまうと、湿疹が広がってしまったり赤みやかゆみがさらに強くなってしまう可能性がありますので脱毛を断られてしまいます。
湿疹と同様の理由で、アトピー性皮膚炎も脱毛することが出来ない場合もあります。また医師の診断書があれば脱毛してくれるサロンもあるので、アトピーの方で脱毛したい場合はかかりつけのお医者さんに脱毛していいか聞いてみるのがいいと思います。

この記事のまとめ
  1. 毛穴にできる代表的なぶつぶつは埋没毛と毛嚢炎
  2. 毛穴のぶつぶつは自己処理が原因であることが多い
  3. 脱毛することで毛穴のぶつぶつの改善&予防につながる
  4. ただ脱毛できないぶつぶつもある