どうしてダメなの?脱毛後のお風呂!シャワーならOK?

毎日湯船にお湯をためて欠かさずお風呂に入っている人は少ないと思いますが、日頃の疲れを癒やすためにはためにはリラックスしたいもの。
脱毛した跡は特に乾燥していますから、シャワーではなくゆっくりお風呂に浸かって疲れた肌を癒やしてあげたいですよね。

しかし、残念ながらキレイモであっても銀座カラーであっても、ミュゼであっても脱毛の施術をした当日はお風呂はNGとされています。

えっお風呂ぐらいいいじゃん!脱毛関係ないし!!
っと思われる方もいるかもしれませんね。実は脱毛後にお風呂に入っては行けないんです。

ではどうして脱毛した跡の「お風呂は禁止されているのか」また「シャワーはいいのか」を解説します

どうしてダメなの?脱毛後のお風呂がNGな訳!

脱毛した跡こそお風呂に入りたい方も多いと多いと思いますが、冒頭でお伝えしたとおり脱毛施術当日に限っては入浴はNGです。
しっかりと「禁止」と明言されているサロンも少なくありません。実際にミュゼのHPには「禁止」と書かれていて、その理由はこのように書かれています。

体温が上昇すると体内に熱がこもりやすくなり、肌トラブル(赤み、痒み)の原因につながるため、控えていただいています。
引用:ミュゼ公式HPより

結構促進による肌トラブル

脱毛の施術後の肌は非常にデリケートな状態をしたような状態になります。
この状態で入浴し体温が上がり血流がよくなってしまうと、赤みやかゆみといった思わぬ肌トラブルが招く恐れがあるため脱毛した後の入浴は禁止とされているんですね。
赤みやかゆみは一時的な症状なので万が一起こってしまってもそこまで心配することもありませんが、万が一、肌が痒くなり掻いたり擦ったりすることで「色素沈着」を起こしてしまうこともあります。
色素沈着は場合によっては、あとに残ることもありますからこうなっては最悪。
この理由から入浴に限らず「過剰に体温を高めたり血行を促進しすぎる」行為は、脱毛後はほとんどのサロンで禁止となっていることが多いです。

細菌艦船による肌トラブル

もう一つの理由は細菌です。
たとえ毎日お風呂をしっかり洗っていたとしても浴槽には細菌が繁殖してしまいます。脱毛した後の肌はさきほどお伝えしたとおり、非常にデリケートでバリア機能が低くなっている状態です。
そんな状態の肌に雑菌が付着してしまったり、毛穴から入り込んでしまうと毛嚢炎や炎症といった肌トラブルを生みかねません。
特にVIOなどデリケート部分に毛嚢炎ができてしまうと最悪。
ですから脱毛後のお風呂はひかえておくべきなんです。

編集部COMMENT
温泉や大衆浴場などももちろんNG。体温上昇や血行促進という理由はもちろん。自宅のお風呂に比べ、多くの人が出入りするため雑菌が多く生息しているのが1番の理由です。ですから温泉などに行く予定がある場合は極力脱毛は控えたほうがいいですね。またプールも血行促進の恐れはないものの、同じく雑菌が多く脱毛した後は控えておくほうがいいです。屋外のプールの場合、雑菌だけでなく日焼けのリスクもありますからね。

脱毛した後のお風呂はダメならシャワーはいいの?

シャワーはOK

お風呂がダメならシャワーはどうなのか気になるところですよね。
湯船に浸からず時間も短いシャワーであれば、お風呂に比べて熱がこもりにくく雑菌の心配もありませんから、脱毛した後でもOK。流石にお風呂もシャワーもダメとなると辛いですからね。脱毛サロンでも「シャワーは大丈夫ですよ」と言われています。

ですから脱毛した当日はシャワーにしましょう。

ただしシャワーだからといっても肌は敏感な状態ですから、リスクはあります。そこでリスクを軽減させるためにも普段よりも温度設定は低くしておくといいでしょう、。
お風呂に比べ、時間が短いとはいえお湯が熱すぎると血行を促進してしまう恐れもありますからいつもよりぬるめのお湯で浴びるのががいいですね。

また脱毛部位は特に敏感ですから、ボディタオルでゴシゴシと洗うよりも、柔らかいタオルやスポンジで優しく洗うのがいいですね。
ベストなのは何も使わず手で軽く撫でるようにして洗う方法です。これなら肌を傷つける心配もありません。

また普段ボディスクラブを使っている人は脱毛当日はやめておきましょう。スクラブが肌に刺激を与えてしまう可能性があります。

しっかり注意してシャワーを浴びることも大事ですがもっと大事なのが、シャワーから上がった後。
シャワーを浴びたらしっかり保湿することがとっても重要です!脱毛した肌はとっても乾燥した状態なので、入浴後にかかわらずアフターケアが本当に大事なんです!

脱毛後の正しいケアとは?保湿に最適なプチプラアイテムはこれ

毎日のバスタイムを楽しみにしている人には寂しくも感じられますが、脱毛後だけは少々ガマンしてくださいね。

この記事のまとめ
  1. 入浴は体温が上昇し肌トラブルの原因に
  2. 細菌感染のリスクもあるのでお風呂はNG
  3. シャワーはぬるま湯で優しく体を洗う
  4. シャワーを浴びた後のアフターケアが最重要