脱毛後のピーリングはOK?同時にしても問題ない?

顔を脱毛して美肌を手に入れたいと考えている方の中には、毛をなくすだけではなく、ピーリングで角質ケアをしてさらに肌をつるつるにしたいと考えている方もいるかもしれませんね。
顔の毛はほぼ産毛だし脱毛のダメージも少なさそうだからピーリングと同時にしても問題ないように思ってしまいがちですが、実はこれが間違い!

脱毛とピーリングは絶対に同時(特に同日)に行わないでください。

ピーリングと脱毛を同時に行うと美肌に近づくどころか逆に遠ざかってしまうリスクが非常に高くなってしまいます。
また脱毛サロンによってはピーリングを行うことを禁じていたり、エステのフェイシャルなどでピーリングしていると契約できないロンもあります、

ではなぜピーリングと脱毛は同時に行うことはできないのでしょうか?それにはこんな理由があるからなんです。

ピーリングと脱毛どうして同時にしてはいけないの?

どうして脱毛した後にピーリングはNGかというと、それにはピーリングのメカニズムが大きく関係しています。
ではご存知の方も多いと思いますがピーリングをちょっと解説。

ピーリング
ピーリング化粧品

ピーリングは肌にたまった古い角質を強制的にはがしていく角質ケアの方法。古い角質を除去してターンオーバーをただし美肌を目指します。
ピーリングにはアルファヒドロキシ酸やベータヒドロキシ酸などの酸を用いて角質をはがすケミカルピーリング、レーザーで毛穴に詰まった角質を取り除くレーザーピーリング、ダイヤモンドピーリングの微粒子で角質を取り除くダイヤモンドピーリングなどがあります。
アルファヒドロキシ酸(AHA)をつかったピーリング石鹸で行うケミカルピーリングがもっともポピュラー。クレンジングリサーチが出しているリンゴのマークの洗顔せっけんを見たことがある方は多いと思います!

ピーリングの方法はケミカルピーリングレーザーやピーリングなど様々ですが、角質を無理矢理にはがしていく方法です。ですからピーリングの種類にもよって大小ありますが、肌にダメージを与えてしまいます。
また脱毛も肌に光を照射し毛穴のなかにある毛穴の中にある毛母細胞にダメージを与えていきます。ただしこちらも肌に光を照射するので、肌にダメージを与えます。

これを見ても分かる通り、ピーリングと脱毛を同時に行ってしまうと肌へのダメージは膨大。様々な肌トラブルを引き起こすリスクが非常に高まります。
しかも顔は皮膚が薄いため、もっともダメージを受けやすい部分なのでもっとも注意しなければいけません。

では具体的にどんなリスクが考えられるかというと1番は「乾燥」です。

ピーリングと脱毛を同時に行うと肌がとんでもなく乾燥する

ピーリングは肌に溜まった古い角質を剥がしてむりやり新しい角質層を出している状態です。この新しい角質層はまだまだ未熟でとっても敏感。
まだまだバリア機能も低い敏感な新しい角質をしっかり保湿してあげながら、バリア機能が向上した一人前の角質層をつくるのがピーリングの本来の目的です。

しかし脱毛で照射する光は、そんなまだ育ちきっていない未熟な角質層の水分を蒸発させてしまいます。
そんな未熟な角質層の肌に脱毛の光を照射するとどうなると思いますか。
ただでさえバリア機能が低く水分保持力の少ない状態の肌の水分を更に蒸発させてしまい、通常以上に乾燥した肌になってしまいます。

とんでもなく乾燥した肌は、ニキビやシワなど様々な肌トラブルを招いたりビニール肌になってしまうリスクが非常に高くなってしまいます
また逆もまた然りで、脱毛した肌にピーリングしてしまうと、顔に赤みや炎症を起こす可能性も高くなるってしまいます。

美肌を手に入れるためにはじめた脱毛やピーリングが逆に美肌を脅かすことにもなりかねませんから、ピーリングと脱毛を同日、同時に行うことは控えておくに越したことはありません。

ピーリングした後どれくらい空けて脱毛すればいいの

これには明確な決まりはありませんが、一番いいのは28日ほど。ターンオーバー待ってから脱毛するのが最善かなと思います。
ただそこまで待ってられないという方もいるかもしれませんが、そんな方でも最低1週間~10日は空けておくほうが良いと思います。

ただし脱毛サロンによって、全面禁止とされている場合もあったりしますから、必ずカウンセリングで確認しておくようにしましょう。
すでにクリニックでレーザーピーリングなどを受けている方は、まずそちらに「脱毛していいか」を確認してみてください。

ピーリングと脱毛を行う際はスキンケは欠かせない

ピーリング、脱毛した跡はしっかりスキンケアすることが何より大切。特に保湿は欠かせません。
ピーリングした後、スキンケアを怠ると肌はどんどん乾燥してしまいます。

これによって最悪は脱毛サロンで施術してもらえないことも。
ピーリングはもちろんですが脱毛サロンではあまりにも乾燥していた場合、脱毛をしてもらえないところが多いんです。
例えばミュゼもしっかり「肌が乾燥している場合脱毛できない」と明言しています。

なのでピーリングしているしていないに限らず乾燥対策はしっかり行いましょう!

この記事のまとめ
  1. ピーリングした肌に脱毛すると乾燥などリスクが大きい
  2. ピーリングと脱毛を同時に通う場合には最低でも一週間はあける
  3. ピーリングも脱毛もアフターケアは大切