脱毛サロンの中途解約まとめ!返金がいくら戻ってくるか調べる方法

一度コースを契約してしまったけれどやっぱりやめたいという場合には、中途解約や場合によってはクーリングオフをする必要があります。
中途解約は、「解約の条件」や「解約方法」等はそれぞれの脱毛サロンによって違います。
それでは各サロンの中途解約の条件や違約金・解約金を見てみましょう。

脱毛サロンを中途解約したときの返金額の計算方法

まず中途解約をするときに1番気になるのが「返金額がいくらなのか?」ということですね。当たり前ですが中途解約した場合、施術した回数分は返金されません。なので、残りの回数の料金が返金額となります。

もう一つおぼえておきたいのが中途解約する際にかかる手数料です。
大半のサロンでは中途解約の手数料または違約金が発生します。この手数料は残りの回数分の10%または2万円の金額の安い方というのが一般的です。

MEMO
例えば8回100,000円のコースを契約していた場合は、1回あたりの料金は12,500円となります。
※100,000円(契約金額)÷8(回数)=12,500円(1回あたりの料金)

すでに3回脱毛していた場合、100,000円(総額)-37,500円(3回分の料金)で62,500円が返金対象額です。
残りの回数の62,500円の10%(6,250円)が手数料として差し引かれるので、返金額は56,250円となります。

またクレジットカードや自社ローンを組んで契約金額を支払っている場合は、そちらの手数料も発生する可能性もあるので事前に通っている脱毛サロンに確認しておきましょう。

各脱毛サロンの解約の条件&手数料まとめ

解約手数料にほとんど違いはありませんが、解約条件はちょっとサロンによってちがいます。では具体的に各サロンの解約条件、手数料を見ていきましょう!

キレイモの中途解約の条件

解約条件2ヶ月以上経過していること(1回は施術をしていること)
解約手続き来店時またはコールセンター
中途解約手数料残り代金10% or 2万円(金額が安い方)

まずキレイモの月額プランは基本的に月々払っていくため返金は存在しません。ただ解約条件は2ヶ月経過していなければいけません。
キレイモで返金する場合はコールセンターまたはサロンで解約を受け付けてますが、結局手続きはサロンで行わなければなりません。

キレイモの中途解約の制度は2ヶ月以上という条件。全身1回脱毛していればOKなのでハードルは低め!
ただし一つ気をつけて置きたいのが、通い放題コースを契約していた場合18回以上は返金の対象外となり、解約することができません。なので通い放題に通っていて、中途解約する場合には早めにサロンに申し出ましょう。

ミュゼの中途解約の条件

解約条件施術してから2年以内
解約手続き店頭
中途解約手数料なし

ミュゼは一切中途解約手数料がかかりません。かなーり太っ腹の脱毛サロン。なので返金金額も残りの回数分が返金されます。
最後の施術から2年経過している場合返金の対象外となってしまうので、通わなくなったときは忘れずに中途解約の申請を忘れずにしておきましょう。

もう一つミュゼの太っ腹なところはワキやVラインの「通い放題」のコースは全額返金の対象です。ただし、一度中途解約してしまうと再契約はできません。
ミュゼの通い放題は金額も安いので無理に全額返金するよりも、期限もないので契約しておいたほうがメリットは大きいかもしれません。

銀座カラーの中途解約の条件

解約条件契約後1ヶ月以上が経っていること
契約金額が50,000円以上であること
通い放題は6回未満が返金対象
解約手続き店頭
中途解約手数料残り代金10% or 2万円(金額が安い方)

銀座カラー契約後1ヶ月以上、契約金が50,000円以上のコースが中途解約の条件。
回数がもともと決まっているコースは他のサロンと同じように、すでに通った回数を差し引いた金額が返金額となるのでそこまで注意することはありません。

注意しなければ行けないのが通い放題のプラン。通い放題のプランは6回までが返金対象。なので7回目以降は返金されません。
実は銀座カラーの通い放題のプランは、6回コース+aという扱い。なので返金の対象も6回までとなっています。
仮に30万円のコースを契約していた場合、1回あたりの回数は5万円。3回で解約しようと思った場合は15万円が返金となります。

契約書にはしっかり記載がありますが、知らない人も多いと思うので通い放題のコースを契約する場合はしっかり頭に入れておく必要があります。

シースリーの中途解約の条件

解約条件コースによって返金対象の回数が異なる
解約手続きコールセンター
中途解約手数料残り代金10% or 2万円(金額が安い方)

シースリーの解約はコールセンターに連絡のみとなっています。そのため、いきなりサロンに出向いて解約というわけにはいきません。

そしてシースリーで中途解約するときに1番注意しなければ行けないのが回数
通い放題は4回、6回は2回、10回は4回、13回は4回。これ以上脱毛していた場合は返金対象ではありません。
なので一回あたりの脱毛費用がすごく高いんです。
シースリーの通い放題は地域によって金額が異なりますが、仮に420,000円のコースを契約していた場合、一回あたりの脱毛費用は105,000円。なので3回通で中途解約した場合、105,000円しか返金されません。4回目以降はこれが0になります。

ですからシースリーに通う際には「中途解約しない」ことを前提に通ったほうがいいです。しっかり自分にあっているかカウンセリングや口コミを見て通う前に下調べをしましょう。

恋肌の中途解約の条件

解約条件返金は50,000円以上のコースが対象
解約可能期間はコースによって異なる
解約手続き店頭またはコールセンター
中途解約手数料残り代金10% or 2万円(金額が安い方)

恋肌は50,000円以上のコースが対象。と言っても50,000円以下のコースは月額プランしかないのですべてのコースが対象となります。
ただし、各プランに期間があるので注意。6回は1年、12回は1年、18回は2年。この期限を過ぎてしまったら、解約できないので注意!!
恋肌もキレイモと同じように毎月決まった金額を支払っていくタイプの月額プランなので、返金は対象外となっています。月額プランの解約は1ヶ月前に、連絡が必要。

コロリーの中途解約の条件

解約条件なし(期限もありません)
解約手続き店頭またはコールセンター
中途解約手数料残り代金10% or 2万円(金額が安い方)

さすがミュゼブランドという感じでコロリーも中途解約に寛大。中途解約手数料はかかるものの、中途解約に期限もなく度のコースでもOK。解約手続きもコールセンターからできるので楽ちんです。

脱毛ラボの中途解約の条件

解約条件なし
解約手続き店頭またはコールセンター
中途解約手数料残り代金10% or 2万円(金額が安い方)

脱毛ラボも特に解約に条件があるわけではなくいい意味で「普通」に解約することができます。中途解約の手数料はかかりますが、ネックとなるのはそれぐらい。
脱毛ラボの月額プランも分割ではなく、月々決められた月額プランを支払っていくものなので中途解約というものが存在しません。

また月額プラン申込時には、体験の月額料金○ヶ月無料+1ヶ月で契約するため、この期間に解約することはできません。
例えば月額料金12ヶ月無料のキャンペーンで月額プランを申し込みした場合、前もって13ヶ月後の一か月分を支払って契約します。
そのため1ヶ月で通わなくなってしまってほっておくと、14ヶ月目から引き落としがはじまるので、忘れないようにキャンセルしておきましょう。

ストラッシュの中途解約の条件

解約条件返金可能期間はコースによって異なる
解約手続き店頭
中途解約手数料残り代金10% or 2万円(金額が安い方)

ストラッシュの返金可能な期間はコースによって異なります。6回コースは10ヶ月、12回コースは1年、18回コースは2年。これを過ぎてしまうと返金できなくなってしまいます。
またストラッシュの返金は店頭のみ。なので事前に連絡してサロンで中途解約の手続きをしなければなりません。少しめんどくさいですね。

ストラッシュの月額プランはキレイモや恋肌同様に、月々月額料金を支払っていくので返金がありません。

脱毛サロンを中途解約ではなくクーリングオフする方法

脱毛サロンに契約したけどやっぱり辞めたいという場合は、2つの条件をクリアしていれば、クーリングオフで全額が返金することが可能です。この条件は「契約した日から8日以内」「契約金額が5万円以上」の2つ。

クーリングオフする場合は、契約解除通知のはがきをサロンに送ります。言った言ってないの水掛け論にならないためにも、口頭や電話ではなく必ず書面で送りましょう。
ただし悪質なサロンははがきが届いていないという可能性もありますので「内容証明」で送るのが最善です。

はがきに書く内容は以下の通りです。契約書を必要な事項はすべて載っています。

書いたら、クレジットカードで支払いした場合は、クレジット会社(信販会社)のも同様の内容の書面を送ります。
クーリングオフはこれでOK。万が一、サロン側と意見の食い違いなどのトラブルが生じた場合や不明点がある場合は、消費者センターに相談してみましょう。