VIO脱毛おすすめランキング!値段の安い、コース内容が充実のサロン&クリニックはココだ!

VラインをはじめVIOの脱毛は、年々人気急上昇の部位。生理の時も清潔な状態を保つことができたり、下着からはみ出す心配がなくなったりとメリットがたくさんあります。
ではそんなVライン、VIOのコースが今おすすめなサロン&クリニックを徹底調査してみました!

VIO脱毛ランキング

おすすすめのVIOランキングをご紹介します。VIOランキングは脱毛サロンとクリニック同率1位!!医療に通いたい方もサロンに通いたい方も要チェック!

ミュゼプラチナム



ハイジニーナ7
(レギュラー)
ハイジニーナ7
(デイプラン)
1回18,000円15,000円
4回36,000円30,000円
6回54,000円45,000円
ミュゼのVIO
ミュゼは4回以上で50%OFF

ミュゼのVIOのコースである「ハイジニーナ7」は、4回以上の契約であれば半額のキャンペーンが適用されるのでぐーんと料金が安くなります。半額キャンペーンを適用した場合、ハイジニーナ7の6回コースが54000円に。
更に平日に通得る方は、デイプランで契約するとハイジニーナ7の6回コースの料金が45,000円までダウン♪
またVラインだけ脱毛したいという方も体験を利用すれば、通い放題で脱毛できるのも魅力。この通い放題の体験はVIOを契約しても適用されます。

痛くないVIO

痛みが強いといわれるVIOですが、ミュゼの施術の方法はS.S.C脱毛。S.S.C脱毛は、IPL脱毛よりも痛みを感じにくい脱毛方法ですからVIOでも安心して通いえます。
医療よりは効果が劣るものの、痛みは少ないので「痛いのが苦手」という方はミュゼのほうがいいかもしれませんね。

予約はやっぱり取りづらい

ミュゼはご存知のかたも多いと思いますが予約yが取りにくいサロン。キャンセルがでてもすぐに埋まってしまうことも珍しくありません。ただアリシアクリニックよりも店舗数が多いので店舗異動などを使えば、アリシアクリニックよりも通いやすいかもしれません。

アリシアクリニック



VIO
(ビューティ)
VIO
(スムース)
5回61,900円85,900円
8回92,880円118,800円
脱毛し放題123,760円165,000円
アリシアのVIO
医療だけどサロン並みに安い

アリシアのVIOには、下着に収まる程度の範囲を脱毛する「ビューティ」と下着からはみ出る部分も脱毛できる範囲の広い「スムース」があります。
料金は範囲の狭いビューティのほうがリーズナブルなんですが、これがすごく安い!脱毛し放題でも銀座カラーより安いです。
効果はもちろん医療脱毛ののアリシアのほうが高いので、VIOをしっかり脱毛したい方や下着内に収まるムダ毛を脱毛するのであればアリシアは本当におすすめ。

ダイオードレーザーができる

医療脱毛では、アレキサンドライトやYAGレーザーなどの種類がありますが、アリシアクリニックの脱毛はダイオードレーザー。
ダイオードレーザーは医療脱毛の中でももっとも痛みを感じにくいと言われています。もともと医療脱毛は効果が高い半面、痛みが強い脱毛方法。VIOは痛みを感じやすい部位なので、けっこう「痛い!」
ですから医療脱毛の中でも痛みを感じにくいダイオードレーザーを脱毛するのがベスト。

医院数は少ない…予約もちょっと取りにくい…

そんなリーズナブルなクリニックのアリシアですが、全国に12医院(2018年6月時点)しかなくその殆どが東京を中心に関東にしかありません。ですから通える方が限られてしまいます。
また非常に人気が高いクリニックで若干予約が取りにくいというデメリットも。

銀座カラー



リーズナブルコーススピードコース
通い放題151,152円237,000円
銀座カラーのVIO
スポードコースの料金は高め

銀座カラーは年間6回通えるリーズナブルコースと8回通えるスポードコースが用意されています。スピードコースは早いスパンで通え、シェーバー料金が無料になったりといったメリットはありますが料金は割高。
ただし銀座カラーはOラインの剃り残しに関してはリーズナブルコースでも無料で処理してくれるので費用を抑えたい方は、リーズナブルコースのほうがいいかもしれません。

範囲が広い通い放題は銀座カラーが安い

アリシアクリニックは範囲の狭い「ビューティ」であれば123,760円ですが、スムースだと165,000円。銀座カラーのVIOの範囲はアリシアのスムースに該当するため、151,152円(リーズナブルコース)の料金でアリシアのスムースのプランの範囲で脱毛できます。
効果は医療脱毛より劣りますが、少しでも安く通いたい方には銀座カラーの通い放題がおすすめです。
(ただしスピードコースは23万円以上かかってしまうのでアリシアに通ったほうが安い!です)

予約は比較的取りやすい!

銀座カラーは楽天ら調べの予約が取りやすいサロンランキングでも1位を獲得した経験もあり、ミュゼ、アリシアクリニックに比べると比較的予約が取りやすいです。また全国に店舗数も多いので通いやすく、店舗移動も自由に行えるので万が一のときも安心。

VIOを脱毛する前に大切なのはこの4つ

VIOの4つの注意事項

VIOを脱毛するときにぜひ知っておきたい4つの注意事項。脱毛サロンやクリニックを選ぶ際にも重要になってくるものもあるので通う前にしっかりおぼえておきましょう!

生理の時は99%脱毛できないのがVIO

VIO以外の部位であれば、生理であっても脱毛してくれるサロンはありますが、VIOはどこのサロンも脱毛することができません。
理由は生理時はホルモンバランスが不安定なため、思わぬトラブルが発生する可能性があるためです。ただ湘南美容外科などのクリニックではタンポンを入れて脱毛しているところもあるみたいですがこれは超レアケースなので基本的には通えないと思っておきましょう。

キャンセルに柔軟に対応してくれるサロンが◎

上記の理由から生理と予約がかぶってしまったら、やむなくキャンセルするしかありません。なので急なキャンセルにも対応してくれるサロンが◎、キャンセル料などがかからないサロンがベストです。
当日キャンセルにも対応してくれるサロンが一番ですが、せめて前日の連絡でペナルティなくキャンセルできるサロンがいいですね。

VIOは脱毛のパーツのなかでも1.2を争う「痛い部位」

VIOは毛が太く皮膚が薄い部分のため、脱毛の部位の中でも痛いといわれる部位。アンケートを取ってみたとこと、特にIOラインは激痛と感じた方も多かったです。

私は痛みに強いほうだと思いますが、それでもIラインは別格。激痛です。デリケートな部分なのである程度の痛みは覚悟していましたが、想像以上でした。私は全身を脱毛していて、2回に1度はIラインの施術があるのでスゴク憂鬱。
脱毛するときに痛みを感じる部位はドコ?より

医療脱毛は効果の高い脱毛ですが、痛みも強くなってしまいます。いくら効果が高くても通うのが嫌になるほど痛いと感じるのであれば、脱毛サロンに通ったほうがいい場合もあります。
ミュゼが行っているS.S.C脱毛は比較的痛くないと言われる脱毛なので、痛みが苦手という方はそのあたりも検討の余地アリです!

VIOの脱毛は「恥ずかしい」

VIOを脱毛したいけどちょっと恥ずかしいと思う方もいると思います。そんなことないですよと言いたいところですが、やっぱりちょっと恥ずかしいと思うのも仕方ないかも。
VIOを脱毛するときは、各サロンが用意している紙パンツに履き替えます。紙パンツのデザインは各サロンによって違いますが、Tバックになっていたりと結構きわどく同性でもちょっと見せるのが恥ずかしい・・・
またIOラインを脱毛する際は、施術台に寝てひざを立ててと・・・恥ずかしい格好になります。ただ恥ずかしいのは最初だけ。みんな言いますが、通っていくとなれてきます(笑)
どうしても、人に見られるのが恥ずかしいという方は家庭用脱毛器などを検討してみるといいかもしれません。

家庭用脱毛器は「料金」「コスパ」「効果」で選ぶ!おすすめはコレ!

家庭用脱毛器なら誰にも見られず好きなときにVIOの脱毛ができるので気楽。

全身脱毛するときにはV「IO」に注意

全身脱毛をするときにVIO、特にIOラインはしっかり確認しましょう。
というのも最近は少なくなりましたが、IOラインが対象外となっている場合もあるからです。
具体的にはドコのサロンかというと「シースリー」などですね。シースリーの料金プランは「IOライン」か「顔」かどちらか選ぶようになっています。
もちろん両方とも対象となっているプランもありますが、対象とすると料金が高くなってしまうことも。なのでしっかりIOラインが対象となっているか、事前にプラン内容、対象部位をしっかりチェックしましょう。
各サロンの全身脱毛まとめをチェック

「今さら聞けない」VIOってそもそもどこのこと?

VIOはVライン、Iライン、Oラインがセットになったコースのこと。
VIOを「ハイジニーナ」ということもありますが、ハイジニーナはアンダーヘアが無毛な状態というほうが一般的です。ちなみにハイジニーナは衛生という意味のhygieneが由来なんだとか。ではそれぞれの部位をご紹介ます。

Vラインはここ

ビキニラインの略でもあるVラインの範囲は、下着のラインに沿った範囲。
ただVラインはサロンによって範囲が細かく分かれていたり、呼び方が違ったりします。

基本的には足の付け根(股関節)当たりをVライン(サイド)、おなかのかかるラインをVライン上としているところが多いみたいですね。
ちなみにこの三角形の内側をトライアングルと呼びます。

IOラインはここ

Iラインは、左の画像の通り股の間の女性器の周り、Oラインは、お尻の肛門の周りのことをいいます。
Iラインは粘膜は基本的に脱毛することができませんが、キレイモやクリニックでは脱毛してくれるみたいですね。ちなみに施術もこんな格好で脱毛します。